スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク

20050618_saku2

私には欲しいものがあった。
手に入れたいものがあった。
それは、高校の時から変らない。

高校生の頃、何があれば自分の人生は満たされるのかを考えたとき、そのひとつの結論に至った。
それはまだ手に入れていないけれども、その気持ちは、今も変らない。
それさえあれば、私は満たされている事ができると、確信している。

けども、最近思う。

私がいる、ココ東京。
ココにはあまりにも誘惑が多すぎる。
沢山の選択肢が用意されているし、
そのどれもが少し手を伸ばせば、届きそうだという錯覚に陥らせられる。

私がやっと、欲しかったものを手に入れる事ができたとき、
その他の全てのものを、果たして捨てる事ができるのだろうか?
それだけでは、満足できない自分になっちゃっているんじゃないだろうか?

できると思う。
いや、そうしなくちゃと思う。
絶対に守らなきゃって思う。

ただ、忙殺されている日々の中、ふと立ち止まると、
どっぷりと東京の生活に浸りきっている自分が居る事に気づく。

知らぬ間に、柵を作ってる?
あっちに戻れない、柵を作ってる?

わかんないけど、
あっちの景色を見失わないよう、
見つめ続けていこうじゃないか。


photo by mamiya
<< 陶器 | main | 砂の城 >>

スポンサーサイト

photo by スポンサードリンク









http://mamiya.jugem.cc/trackback/329

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links

このページの先頭へ